【Hisaya SDGs CINEMA WEEK】『都市を耕す エディブル・シティ』× これから私達は何を育み、集い、食べて生きていくのか

  • 場所
    ケヤキヒロバ特設映画館
  • 日時
    【ワークショップ】18:30〜19:45【上映】19:50〜21:00
image

【イベントの内容】
アメリカの都市で、安全で健康に暮らすために、住民たちが食と農、そして人とのつながりを自分たちの手で取り戻す活動を追ったドキュメンタリー。2020年に始まったパンデミックは、「人間は自然の一部である」ということを改めて感じさせる体験となり、そして、食物や健康について、考えるきっっかけとなりました。これからの私達にとって、本当に必要な「新しい生活様式」とは何なのか。「豊かな食」とは何なにか。シェフ、食や文化、場づくり、そして新しい農業と、食に関するエキスパートを招き、これからの食べること、農業、食文化の持続可能性について語ります。

ワークショップは登壇する酒井さん、山本さんのチームがコラボレートし、山から川、土を経て海に通じる、自然の循環をテーマにした食卓を参加者でつくりあげます。持続可能性をより身近に感じてもらうために、マイ箸やマイカップの持参、ゴミを減らす配慮など、環境負荷を少ない形態を意識した会を目指します。(参加者は当日までに詳細をお知らせいたします)

【日時】
11/12(金) 【ワークショップ】18:30〜19:45【上映】19:50〜21:00

【作品情報】
『都市を耕す エディブル・シティ』
製作年:2014年、時間:56分
監督 :アンドリュー・ハッセ

【ワークショップゲスト】


ゲスト

【会場】
Hisaya-odori Park ケヤキヒロバ 特設野外映画館
https://rhp.nagoya/map.html

【チケット】
5,000円 スペシャルディナー付き
※販売期間内であっても、予定枚数に達し次第販売を終了いたします。
ただし、キャンセルが出た場合などには販売を再開することがございます。

イベント詳細・チケットのお申し込みはコチラから